マーベル新ドラマ「ミズ・マーベル」ヒロインが無名の16歳に決定(映画.com)

出典元:映画.com

マーベル・スタジオが Disney+向けに制作するアメコミドラマ「ミズ・マーベル(原題)」のヒロインに、新人のイマン・ベラーニ(Iman Vellani)が抜てきされた。米Deadlineが報じている。

 ミズ・マーベルことカマラ・カーンは、2013年にマーベル・コミック「キャプテン・マーベル」に登場した比較的新しいキャラクターで、米ニュージャージーに住むパキスタン系の16歳の少女という設定。14年には彼女を主人公にした「ミズ・マーベル」が刊行され、マーベル・コミック史上初めてイスラム系で主人公となったキャラクターだ。

 テレビドラマ版「ミズ・マーベル」に関しては、すでに「バッドボーイズ・フォー・ライフ」を手がけたアディル・エル・アルビとビラル・ファラーの監督コンビや、シャルミーン・ウベード=チナーイ(「シターラ 夢を抱け、少女たち」、ミーラ・メノン(「マネー・スキャンダル 破滅への欲望」)などが演出を手がけることが発表されている。

 注目のカマラ役のキャスティングに関して、マーベル・スタジオは知名度よりも「パキスタン系アメリカ人の16歳の少女」という条件を優先したようだ。抜てきされたベラーニは、映画やテレビドラマへの出演歴がない新人で、19年のトロント国際映画祭で15~18歳の学生を対象にしたNext Wave Committeeの一員として選考委員を務めていた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、「ブラック・ウィドウ」や「エターナルズ」の公開延期が発表されているが、マーベル・スタジオはDisney+向けドラマの準備を着実に進めており、ハルクことブルース・バナーのいとこジェニファー・ウォルターズを主人公にした「シー・ハルク」のヒロインにタチアナ・マズラニー(「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」)を起用。また、サミュエル・L・ジャクソン演じる人気キャラクター、ニック・フューリーを主人公にしたドラマも準備中だという。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。