『岬の兄妹』監督が狂った純愛描く新作短編、公開決定(シネマトゥデイ)

出典元:シネマトゥデイ

衝撃作『岬の兄妹』で高い評価を受けた片山慎三監督の新作短編映画『そこにいた男』が、11月13日より全国順次公開されることが決定した。一人の俳優を巡る女たちの狂った純愛を描く物語で、主演女優・清瀬やえこの出身地である長野県・長野相生座・ロキシーで10月31日より先行上映される。

【動画】『そこにいた男』予告編

 本作は、ポン・ジュノ監督の元で助監督を務め、自閉症の妹に売春をあっせんする兄の葛藤を描いた長編デビュー作『岬の兄妹』(2019)が低予算の自主映画としては異例のロングランを記録した片山監督の新作。予告編は、警官が駆けつける中、深夜のマンション内のエレベーターホールで、うつろな目をした女が煙草を吸いながら携帯で「ちゃんと聞いてる? もう動かないよ。あんたのせいだからね」と会話する場面からスタート。隣には、意識朦朧とした血まみれの男が横たわっている。

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。