有村架純が笑顔で声をかける『姉ちゃんの恋人』ポスター完成(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

女優の有村架純が主演を務める10月27日スタートのドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)のポスタービジュアルが公開された。こちらに向かって声をかける主人公・桃子(有村)の笑顔が印象的なデザインとなっている。

【動画】有村架純『姉ちゃんの恋人』ティザー15秒

 本作は、ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”の主人公と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語。有村が主人公の“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子、林遣都が桃子の恋の相手・吉岡真人を演じる。脚本は、有村が主演した2017年度前期のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和が手がける。

 ポスタービジュアルは、「ラブ&ホームコメディー」というドラマのコンセプトをベースに制作。桃子の恋心や温かみのある世界観をイメージしたピンクをテーマカラーに、古き良き日本の家庭の象徴ともいえる三角屋根の家の窓からは、『姉ちゃんの恋人』という楽しい“ホーム”の住人である登場人物たちが顔をのぞかせている。

 明るく元気な“肝っ玉姉ちゃん”桃子が「こっちへおいでよ!」と呼びかけているようにも、「頑張って!」とエールを送っているようにも見えるデザインとなっており、「つづけ、幸せ。」というキャッチコピーには、「人と人とが心でつながる幸せ」を願う気持ちと、桃子以外の人々にも次々に訪れる幸せを予感させる意味も込められている。

 家の窓から顔をのぞかせているのは、桃子の恋のお相手でワケあり男の吉岡真人(林)、真人の先輩でさわやかな“イケオジ”高田悟志(藤木直人)、桃子の上司で“残念美人”な市原日南子(小池栄子)、桃子の幼なじみで相談相手の浜野みゆき(奈緒)、桃子の“イケかわ”な3人の弟の和輝(高橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)、そして真人の母親・吉岡貴子(和久井映見)。個性豊かな登場人物たちそれぞれの表情にも注目だ。

 ドラマ『姉ちゃんの恋人』は、カンテレ・フジテレビ系にて10月27日より毎週火曜21時放送(初回15分拡大)。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。