吉高由里子&横浜流星、“特別講師”として学生たちにアドバイス(クランクイン!)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:クランクイン!

女優の吉高由里子と俳優の横浜流星が8日、東京・青山学院大学で行われたイベント『「きみのめ特別授業 in 青山祭」人が人を想うとは』に出席。学生からの質問に真摯(しんし)に答え、アドバイスを贈った。

【写真】青山学院大学で特別授業に出席した吉高由里子&横浜流星

 特別授業は、コミュニケーション論の佐藤達郎教授を講師に迎え、青山学院大学の生徒に向けてオンラインで講義を開催。特別講師として映画『きみの瞳が問いかけている』でダブル主演を務める吉高と横浜が登壇した。

 本作は、運命に拒まれた男女が、すれ違うが故に思いを募らせていく切ないラブストーリー。不慮の事故で視力と家族を失った明香里を吉高が、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁を横浜が演じる。

 自身が演じた明香里について吉高は「大変な体験や苦しい思いを経験した人ほど人の痛みとかわかるし、優しくすることができるんだろうな、と思って、周りも明るくなるように務めていました」と回顧。横浜は吉高について「本当に太陽のような人です。現場を和ませてくれるすてきな方です」と明かした。

 一方、横浜は暗い過去を背負っている塁を演じるにあたって「(塁と)同い年なんですけど、僕と比べものにならないくらい、暗い過去を背負っている人間なので、バックボーンをしっかり作って挑まないといけないな、と思って撮影に臨みました」と意識していたことを告白。吉高は、横浜の表情が撮影の時と今とで全然違うといい「憑依型だね」としみじみ。横浜は照れながら「ありがとうございます」と答えていた。

 また、イベントでは学生からの質問やお悩みに横浜と吉高が回答する場面も。どうしたら“大人の女性”になれるのか、という質問に吉高は恐縮しながらも「失敗するのって、怖いことじゃないんですよ。失敗を知らないほうがよっぽど怖いことなんですよ。たくさん失敗して、たくさんの自分の感情を知って、たくさん自分を感じてあげて、周りにも関わっていく自分を育んでいってほしいな、と思います」とアドバイスを贈った。

 横浜のような“かっこいい男性”になるには何が大切か、と聞かれると横浜は「僕はかっこいい人間じゃないので…本当にポンコツですし、どんくさいですし…」と困惑。吉高から「でも貫くじゃん」と助け舟が出されると、横浜はうなずき、「目標や自分のやりたいことを作って、その目標を諦めずに、達成できなくても続ける、ということが大事だと思います」と語った。

 映画『きみの瞳が問いかけている』は10月23日より全国公開。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。