『樹海村』来年2.5公開 不気味な箱の意味とは? 姉妹が写る場面写真も解禁(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

女優の山田杏奈と山口まゆがダブル主演を務めるホラー映画『樹海村』が、2021年2月5日より公開されることが決定。併せて、山田と山口をそれぞれ写した場面写真、不気味に浮かび上がる箱を描いた公開日決定ビジュアルが解禁された。

【写真】樹海に迷い込んだ鳴(山口まゆ)、怯える響(山田杏奈)『樹海村』場面写真

 興収14億円超え、動員数110万人を突破する大ヒットとなった『犬鳴村』に続く清水崇監督「恐怖の村」の第2弾となる本作は、“迷い込んだら生きては帰れない”とされる富士の樹海を舞台にしたホラー作品。ヒロインたちがある“箱”を見つけた日から、周りでは不可解なことが起き始め、その恐怖はまわりの人々をも巻き込んでいく。

 今年2月に公開され、コロナ禍にもかかわらず大ヒットを記録した『犬鳴村』と同じく、来年2月に公開される運びとなった本作。今回ついに、本編の様子を垣間見ることができる場面写真が解禁された。

 場面写真は、天沢家の長女・鳴(山口)が1人樹海に迷い込こんでしまったシーンと、鳴の妹である響(山田)が、家の窓から何かに怯える様子で前を見ているシーンを捉えたもの。鳴が樹海にいる場面は、緑一色の広大な樹海の中で鳴の着ているパープル色の服が鮮やか目立ち、まるで彼女だけが異質のモノになってしまったかのようだ。果たしてこの“異質”は、飲み込まれて“なかったこと”になってしまうのか…。そして、響が見ている先には一体何が待ち受けているのか…。

 公開日決定のビジュアルは、「2021年2月5日、解禁」の文字と一緒に、不気味に浮かび上がる1つの箱と、その箱に触れる手が描かれたもの。この箱が何を意味するのか、本編への期待が高まるビジュアルとなっている。

 映画『樹海村』は2021年2月5日より全国公開。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。