岡田健史、あふれるハングリー精神 同世代で異質な「オスの部分をしっかり出していきたい」(クランクイン!)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:クランクイン!

今年は連続ドラマの出演も相次ぎ、年内に5本の映画が公開されるなど、21歳の俳優・岡田健史が破竹の勢いを見せている。雫井脩介によるベストセラーサスペンス小説を映画化した『望み』では、思春期の戸惑いをスクリーンに刻み込んだ。2018年にドラマ『中学聖日記』(TBS系)で鮮烈デビューを果たし、「進化し続けたい」と熱い思いを吐露する彼。「努力することを惜しまない」という努力家の原点に迫ると、父からの教え、そして並々ならぬハングリー精神が浮かび上がった。

【写真】大人の男の表情も見せるようになった岡田健史

■苦手なサッカーにも挑戦「上出来です!」

 本作は、誰の目から見ても幸せな一家が、失踪した息子が殺人事件に関与している可能性があることを告げられ、次第に世間からの憶測や誹謗(ひぼう)中傷に翻弄(ほんろう)されていくさまを描くサスペンス・エンタテインメント。一家の長男で行方不明となる規士を演じた岡田は、「オファーをいただいて原作を読んだところ、すぐにファンになった。息子を思う、父と母の心情の違いを描きながら、真実はなんなのかと読者を翻弄していく。この物語に出会えたことが、すごくうれしかったです」と原作に魅了されたことを告白。

 規士は、ケガをしてサッカー選手の夢を諦めたことをきっかけに、両親に斜に構えた態度をとってしまう高校生。メガホンを取った堤幸彦監督からは、撮影前に「反抗期を存分に出してほしい」と話があったそう。「監督からそういうお話があって、瞬時に“社会性をなくそう”というイメージが浮かんできました。“規士が事件の被害者なのか、加害者なのか”ということが観客の皆様にとってネタバレになってしまってはいけないので、どちらにも振ることができない」と難役となったが、「堤監督が僕を肯定してくれたおかげで、最後までのびのびと役柄を生きることができました」と充実の表情を見せる。

 小学2年生から野球を始め、野球一筋の高校時代を過ごした岡田。「サッカーはめちゃくちゃ苦手」だそうで、サッカー選手の規士を演じるためには苦労もあったという。「学生時代から、僕にボールがまわってくると、“アイツ、下手くそだぞ!”とプレッシャーを与えられたくらい(笑)。今回はクランクインがサッカーの場面だったので、ドキドキでした。でも現役のサッカー部の男の子たちが協力してくれて、劇中では僕のサッカーもうまく見えると思います」と感謝しつつ、「上出来です!」とサッカーシーンにも自信をのぞかせていた。

■「反抗期がなかった」岡田健史を支える、父からの言葉

 役柄にちなみ自身の思春期を振り返ってもらうと、岡田には「反抗期がなかった」のだとか。「すごくすてきな両親なんです。あの2人のもとに生まれて、本当に良かったなと、心の底から思っています」と打ち明けるが、そんな両親と唯一、ぶつかった瞬間があると話す。

 「僕が“芸能界に入りたいです”と言ったときに、ぶつかりました。働くのか、大学に行くのかなど、将来への選択肢が一気に広がる年齢になって、僕も“これまでのように甘えてはいけない”と感じて、出した答えです。それが唯一で、その前もそれ以降も、両親とぶつかったことはないです。

 もちろん小さなことで言えば、高校生になっても携帯を持たせてもらえなかったり、みんなよりお小遣いが少なかったことなど、“なんでだろう”と思うことはいろいろありました。みんなが学校の帰りにいっぱい買って食べているのに、“俺、300円しか持っていない!”とか(笑)。でも今となってはそうやって厳格に育ててもらったことにも、とても感謝しています」。

 さらに「僕を子ども扱いせず、いつでも1人の人間として見てくれた。“なんでそう思ったの? 自分で考えなさい”というスタンスで、いつも僕を見守ってくれた」と両親への感謝をあふれさせる。演じた規士は、堤真一ふんする父親から背中を押される一幕があるが、岡田自身も父親からの言葉が支えになっていると明かす。

 「“お前の子どもには、俺たちがした以上のことをしてやれ。それが俺たちへの最大の恩返しだ”と言われて、“親父、かっこいい!”と思いました。僕もそんな父親になりたいです。そして“無理はしていいけれど、無茶はするな”ということも、よく言われていました。何をやるにも全力を出して、手を抜くなと。やるだけやって失敗したら、それでいい。運動にしても、勉強にしても、その教えをもとにやってきたことが成功体験につながったことが多い。だからこそ僕は、努力をすることを惜しまないようになったと思います。逆に努力をしなかったら、“怖いな”と感じる自分がいます」と注いでもらった愛情が、努力家の彼の原点となっている。

■『MIU404』の好演も話題に 高みを目指す原動力は?

 努力する才能を磨いた岡田は、俳優としても急成長を遂げている。『中学聖日記』でデビューし、今年は同ドラマも手掛けた塚原あゆ子監督と再タッグを組んだ『MIU404』(TBS系)での好演も話題に。「『MIU404』の九重役は、今後の俳優人生において、とてもプラスになる役だと思って、必死に食らいついていきました。塚原さんは、『中学聖日記』という僕のデビュー作に関わってくださった方。僕のことをよく分かっているし、だからこそ僕も塚原さんに成長を示したい。塚原さんの予想を超えていきたいと思って、戦っていました」と語る。

 俳優として「進化し続けたい」と意欲をみなぎらせる。「今年は公開作が続いていますが、その多くが昨年に撮影したものでもあります。“もうその頃の自分とは違うぞ、ブラッシュアップされているぞ”という思いもあります。例えば連続ドラマでも、放送時にはもっと先に撮影が進んでいますので、テレビを観ながら“この頃の自分の演技はダメだな”と思ってしまったり…。でもそれが発見できるということは、僕が1ミリでもステップアップできている証拠なのかなと。進化し続けないと嫌だなと思っています」。

 「何事に対しても負けず嫌いだし、上を目指したい」と目を輝かせるなど、対峙(たいじ)した彼はなんとも熱いハートの持ち主。一体、その原動力は?「もともとの僕の性格が大きいのかもしれません。オスの本能が強いのか、“やってやる!”という反骨精神や情熱が大きい方だと思います。今は受け身だったり、大人しい男性が多いと言われているとしたら、僕は異質な存在かもしれませんね。オスの部分をしっかり出していきたいと思っています!」と茶目っ気たっぷりに語る姿も魅力的。

 「いろいろな役ができるように、今はたくさんのスキルや知性を磨いていきたい。それが僕の望みです」と真っ直ぐに未来を見つめていた。(取材・文:成田おり枝 写真:高野広美)
 
 映画『望み』は全国公開中。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。