夏と彗星、配信ライブでファンとの交流楽しむ「音楽を届けることができて楽しかった」(音楽ナタリー)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:音楽ナタリー

夏代孝明のソロプロジェクト・夏と彗星が10月5日、6日に配信ライブ「MONSTERS in TOKYO 2020 Streaming BOX」を開催した。この記事では2日目の公演の模様をレポートする。

【写真】夏と彗星「MONSTERS in TOKYO 2020 Streaming BOX 第2章 -code yellow-」の様子。(メディアギャラリー他7件)

夏と彗星は当初、同日程の10月5日、6日に東京・WWWでワンマンライブ「夏と彗星 Oneman Live MONSTERS in TOKYO 2020」の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により有観客での実施を断念。無観客の配信形式に切り替えてライブを行った。公演の初日は「第1章 -inside blue-」、2日目は「第2章 -code yellow-」と銘打たれており、それぞれ異なる内容のステージを展開。2日目の公演では、スタジオライブと弾き語りライブの模様が全国のファンに届けられた。

定刻になると画面がモノクロになり、夏代の後ろ姿が映し出される。彼はバンドメンバーと共にスタジオ中央に配置されたカメラを囲むように立つと、9月リリースの配信シングル「24/7」でライブをスタート。曲が終わると画面が切り替わり、夏代とバンドメンバーが先ほどの「24/7」のライブ音源をチェックし、談笑する様子などが映し出された。画面がスタジオに戻ると、彼はシティポップを思わせるメロウな楽曲「City」でライブを再開。そのままアップテンポかつキャッチーなサビが印象的な新曲(タイトル未定)で透き通った歌声を響かせ、次曲「ニア」ではスキルフルなメンバーの特性を生かしたライブアレンジで画面越しのファンを喜ばせた。

再び画面が切り替わると、ソファに腰かけながらポップコーンを食べる夏代の姿が映し出される。彼は「『MONSTERS in TOKYO 2020』どうでしたか? ハッシュタグを付けて感想をツイートしてもらえたらうれしいです。今日はその感想を見ながら、みんなと楽しい時間を過ごせたらと思ってます!」と、画面越しのファンに笑顔で語りかけた。このパートでは夏代が渡辺拓也の弾くアコースティックギター1本でライブを行い、スタッフ扮する“天の声”が進行役を務めた。“天の声”から演奏曲を視聴者から募集することが告げられると、チャット欄はリクエスト曲と共に喜びのコメントであふれ返った。夏代はチャット欄を眺めながら「拓也さんこれいいんじゃないですか? 僕らの出会いの曲ですもんね」と話して「ケイデンス」を選曲。渡辺の軽快なギターの音色に乗せて、力強い歌声を響かせた。夏代はその後もファンからのリクエストに細かく目を通しながら「ユニバース」「エンドロール」の2曲をパフォーマンス。そして「僕らからも『これはやりたいよね』って曲を用意してきました。まあリクエストの中に入っていたんですけど、用意してきたということでやっていいもですかね?(笑)」と話し、ミディアムナンバー「プラネタリウムの真実」を熱唱。チャット欄にピースフルなコメントが流れる中、ラストナンバー「世界の真ん中を歩く」でライブを締めくくった。

夏代は2日間を振り返りながら「最初はWWWで2DAYSライブをやることを目標にしていたので、世の中のいろいろな情勢により通常通りライブができないと決まったときは本当に悲しかった。ただ逆に今しかできない形で皆さんに音楽を届けることができて楽しかったし、みんなも楽しんでくれている様子をコメントを通して僕に届けてくれたので、たくさんの力をもらうことができました。夏と彗星は、これからもいろんな挑戦を続けていこうと思っているので、引き続き応援してもらえたらと思います」と話して、この日の公演の幕を降ろした

■ 夏と彗星「MONSTERS in TOKYO 2020 Streaming BOX 第2章 -code yellow-」2020年10月6日 セットリスト
Studio Session Live
01. 24/7
02. City
03. 新曲(タイトル未定)
04. ニア
Acoustic Live
05. ケイデンス
06. ユニバース
07. エンドロール
08. プラネタリウムの真実
09. 世界の真ん中を歩く

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。