「スクリーム」最新作スタッフが新型コロナ感染も撮影中断を回避 安全対策が機能(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

米ノースカロライナで撮影中のリブート版「スクリーム」のスタッフ3人が新型コロナウイルスに感染していることが発覚したものの、現場の感染対策のおかげで製作が中断されずに済みそうだと、米Deadlineが報じている。

 同作は、1996年に公開された「スクリーム」から、2011年の「スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション」までディメンション・フィルムズが制作した「スクリーム」シリーズを、スパイグラス・メディア・グループが新たにリブートする注目作。ホラーコメディ「レディ・オア・ノット」(2019)で注目を集めたレディオ・サイレンスのマット・ベティネッリ=オルピン&タイラー・ジレット監督コンビがメガホンをとり、脚本は「ゾディアック」「アメイジング・スパイダーマン」のジェームズ・バンダービルトと、「レディ・オア・ノット」のガイ・ビューシックが執筆している。

 先日、定期的に行っているPCR検査でスタッフ3人が陽性であることが発覚したものの、役者や監督、撮影監督などの主要スタッフと接触していなかったため、撮影はそのまま継続される見込みだという。アメリカの撮影現場では制作スタッフを複数のグループに分け、グループ同士の交流を極力避けるアプローチを導入している。そのおかげで本作は被害の拡大を食い止めることができたようだ。なお、陽性となった3人は一定期間隔離されることになる。

 リブート版「スクリーム」は、22年1月14日全米公開予定。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。