かつて「大戸屋」に実在した衝撃サービス 「ふりかけ」ボトルキープをご存じですか?(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

1年余りにわたった株式公開買い付け(TOB)の攻防で、経済ニュースを騒がしていた外食大手の大戸屋ホールディングス(武蔵野市中町)。

【画像】1958(昭和33)年、開店当時の「大戸屋」を見る(2枚)

 2020年9月上旬にコロワイド(横浜市)が約47%の株式を取得してTOBが成立、今後は子会社化されることになり動向が注目されています。

 いつでも定番の味を提供してくれている大戸屋……正確には「大戸屋ごはん処」。

 小ギレイな雰囲気のファミレス風な内装で、いつも賑わっている定食屋のチェーンです。でも、ちょっと凝ったメニューもたくさんある現在の大戸屋は1990(平成2)年以降のもの。それ以前の大戸屋というのは、まったく雰囲気が違います。

 過去の資料を引用してみましょう。

※ ※ ※

 開業以来27年間、安さで勝負してきた池袋でも指折りの大衆食堂。豊富な定食メニューはおすすめもんがズラリ。コロッケ定食、あじフライ定食(ともに300円)、あじフライ、たけのこの煮物、くじらの大和煮、目玉焼きにみそ汁がつく「ランチ」(390円)などなど。

 桃屋の「ごはんですよ」、丸美屋の「ドクタースランプふりかけ」がキープできるのも魅力。

『ひとり暮らしの東京事典 '84年版』CBS・ソニー出版 1984(昭和59)年

※ ※ ※

【広告】

女性用ふんどしショーツ

女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。