INORANが語る「ブルース」の真意(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

9月29日に50歳になったLUNA SEAのギタリスト、INORAN。翌日9月30日にはコロナ禍で一人宅録で制作したニューアルバム『Libertine Dreams』をリリースした。移動が制限されたこの状況で脳内を自由に旅して制作したという本作について語ってもらった。

【画像】ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版

―アルバム制作はコロナ禍とともに始まったんですか?

うん。そう言っても過言ではないですね。ほぼ一致してます。

―特筆すべきは制作スタイルです。INORANさんのソロと言えば、ここ数年はバンドスタイルのハードなロックだったわけですが、今回は一人で宅録を?

そうですね。ここしばらくバンドスタイルでロックンロールをしようと思って作っていたアルバムが何枚か続いたんですけど、今回はライブもいつできるか分からないという状況の中で、アルバム制作の時にバンドスタイルのサウンドがハッキリと描けなかったんですよ。だけど、コロナ禍をポジティブに考えると「長い春休み、何やる?」っていう感じでした。どこにも行けない、移動の制限もある中で「何やる? どこ行く?」って一人で自宅で曲を作り始めたんです。なのでアルバムで言えば、デモテープを作ったようなもんです。デモテープが本チャンになったと考えてくれればいいと思います。

―今までなら、デモを作った後にバンドで演奏し完成させたけど、コロナでバンドメンバーも集まれないし、そのまま自分で仕上げたと?

そうですね。それと、ドラムのRyo(Yamagata)くんの怪我も大きな理由でしたね。Ryoくんが怪我でしばらく離脱するっていう状況があって、Ryoくんがいない中で、他のドラマーに叩いてもらうっていうよりは、何日か考えて、打ち込みでいいじゃんって考えに落ち着きましたね。

―ある意味、導かれるように一人での制作に?

そういう状況ならその中で楽しむというか、ベストのことを探していくうちにここに落ち着いた感じですね。

―制作スタイルが変わって、生まれる楽曲も変わりましたか?

出来上がったものを見ると変わってますよね。ただ、実際に曲を作っていた頃はコンセプトは考えないようにしていたんです。この世の中に対して考えることもたくさんあったし、理不尽なこともいっぱいあったので。そのなかで、決してストイックではなく、楽しみながら曲作りを進めていった結果こうなったって感じです。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。