ノーティードッグ、新型コロナの状況を受け「The Last of Us」のファンイベント「アウトブレイク・デー」の名前を変更――今週末に何かしらの発表が予定されている模様(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

ノーティードッグはこれまで「The Last of Us」の世界で感染爆発が発生した日(9月26日)を「アウトブレイク・デー」と命名し、ファンとともに祝ってきた。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを受け、今後は同ファンイベントの名前を変更するという。
ノーティードッグはTwitterで、今後は9月26日のお祝いを「The Last of Us デー」と呼ぶつもりであることを発表。新たな「The Last of Us デー」のために様々な計画を立てているそうなので、今週末のイベントに期待しよう。

「The Last of Us Part II」画像・動画ギャラリー

ノーティードッグは「去年の出来事、そして今年に入ってからCOVID-19関連で我々が直面しているチャレンジ」を考慮すると、「アウトブレイク(感染爆発)・デー」という名前を使い続けることは、「ファンへの感謝の気持ちを表す日であることを思えば」なおさらふさわしくないと感じたという。

過去の「アウトブレイク・デー」では、「The Last of Us」のグッズや『The Last of Us Part II』のポスター、Tシャツなどが発表された。
米国時間9月26日は、発売月に大成功を収めた「Part II」がリリースされてから初めてのファンイベントとなる。「Part II」についてもっと知るには、IGN JAPANのレビュー、ネタバレコラムをチェックしよう。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。