イラク戦争を止めようとした女性の信念 「オフィシャル・シークレット」本編映像(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:映画.comアクセスランキング(エンタメ)雑誌アクセスランキング(エンタメ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

[映画.com ニュース] イラク戦争開戦前夜に英米政府を揺るがせた告発事件を映画化した「オフィシャル・シークレット」の本編映像の一部を、映画.comが入手した。物語の核となる取り調べのシーンを収めている。

【場面写真】弁護士を演じるのは“ヴォルデモート卿”レイフ・ファインズ

 2003年のイラク戦争開戦前、アメリカと共同歩調をとる英諜報機関「GCHQ」(英政府通信本部)で働くキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)は、あるメールを受け取る。イラク攻撃のための違法な工作活動を促す内容に憤りを感じた彼女は、マスコミへのリークを決意し、2週間後には「オブザーバー」紙の記者マーティン・ブライトによって記事化される。「GCHQ」では犯人探しが始まり、キャサリンは自ら名乗り出るが、勇気ある告発も空しくイラク侵攻が開始。起訴されたキャサリンを救うため、人権派弁護士ベン・エマーソン(レイフ・ファインズ)が立ち上がる。

 公開されたのは、キャサリンの仕事における確固たる信念が明かされるシーン。リークを自白し、取調室に連れてこられたキャサリン。警視庁の捜査官が、キャサリンの仕事を「政府に仕えてる」と要約すると、キャサリンは「違います。政府は変わる。私は国民に仕えてる。政府が国民を守れるよう、私は情報を集めています。政府が国民に嘘をつくためじゃない」と堂々言い放つ。

 捜査官からスパイと責め立てられるが、その後も国民のために働いていると断言するキャサリン。巨大な組織の言いなりになるのではなく、自身の信念を貫くキャサリンの強さがセリフにも現れており、本作に応援コメントを寄せた著名人の多くも「私は国民に仕えている」という一言が胸に刺さったと語る、印象深い場面となっている。

 「オフィシャル・シークレット」は8月28日から全国公開。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。