透明人間は実現できるのか?新作映画の現代的アプローチ(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:シネマトゥデイ

透明人間の恐怖にさらされる女性を描いたサスペンススリラー『透明人間』が、先週から日本公開されている。1933年に発表された古典ホラーのアップデート版ともいえる本作では、誰もが一度は夢想したであろう、体を透明化するアプローチも現代化が図られている。(以下、映画の内容に触れています)

【ネタバレ注意】透明人間の姿が!『透明人間』本編映像

 H・G・ウェルズの同名小説が原作の1933年版では、透明化の秘密をつきとめた科学者が新薬を注射することで透明人間になった。ポール・バーホーベン監督の『インビジブル』(2000)でも同様のアプローチが用いられ、透明から元に戻ることが難しいという設定が物語のフックになっていた。また、H・F・セイントの原作をジョン・カーペンター監督が映画化した1992年版では、放射線の事故で服ごと透明になる主人公が描かれた。

【広告】

快適なネットショッピングを体験しよう!!

<

コメントは受け付けていません。