18歳でデビュー、32歳で引退…したのに64歳で商業出版した少女漫画家の話(BuzzFeed Japan)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:BuzzFeed Japan

2020年1月、「#二十歳の自分に言っても信じないこと」というハッシュタグがついた、こんなツイートが話題を呼びました。

「好きな人に会えないのにがんばるのむり」1ヶ月ぶりに変身して気がついたこと

「32歳あたりで漫画家引退するよ、って言ったら信じるだろうけど、40過ぎで同人誌始めて、60過ぎてからスカウトされて、64歳で商業出版するって言ったら、絶対に信じない!」

このツイートをした笹生那実さんが描き下ろしたコミックエッセイが『薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記―』(イースト・プレス)です。

18歳でデビューし、プロ漫画家兼アシスタントとして活躍した笹生さん。子育てのために引退後はしばらく漫画から離れていましたが、1995年に亡くなった三原順先生を追悼すべく、40代で同人誌を作りはじめました。

そして64歳になる今年、若き日を振り返るエッセイ漫画の単行本を上梓したのです。

美内すずえ先生、くらもちふさこ先生、樹村みのり先生、山岸凉子先生、三原順先生……

「少女漫画黄金期」とも呼ばれる時代を作ってきた数々のレジェンドたちの“シュラバ(修羅場)”に立ち会った思い出をコミカルに生き生きとつづっています。

少女漫画家のリアルをおさめたお仕事本でありながら、漫画を愛した女性たちの青春物語でもある1冊。笹生さんが目撃したあの頃の輝かしい少女漫画の世界、聞きました。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。