【グッドワイフのバッドライフ】夫のゴーストライターとして搾取されたコレットが偉大な作家になるまで[前編](ELLE ONLINE)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:ELLE ONLINE

現代だからこそ可能になったように思える「内助の功」からの脱却。しかし120年前のフランスで離婚によって夫のゴーストライターとして搾取される人生から抜け出し、「有名出版社御曹司の若く美しい妻」から「国民的大作家」に変貌を遂げた女性がいた。その名はシドニー=ガブリエル・コレット。パリで大流行した『クロディーヌ』シリーズを生み出し、文学界だけでなく演劇界やファッション界で今なお語り継がれ、ノーベル文学賞候補にもなった偉大な人物が、夫により存在を抹殺されかけた恐怖の半生を振り返る。

【広告】

Doresuwe



コメントは受け付けていません。