テレ朝・並木万里菜アナ、“おうち時間”でFPSに熱中し日常にも影響「角を壁に沿って歩いちゃいます(笑)」(ABEMA TIMES)

出典元:ABEMA TIMES

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が5月25日に全面解除されてから約1カ月。依然、各地で一定数の感染者は確認されているものの、6月19日には県をまたぐ移動制限も全国で解除され、社会経済活動は再開し始めている。

【映像】並木アナがコメント「これさえあれば幸せ」

 そんな中、ABEMA『ABEMA Morning』(平日朝7時~7時40分)も6月から、2カ月延期していたAKB48・武藤十夢の気象予報士としてのレギュラー出演が始動し、女性出演者4人による新体制が本格スタートした。そこでABEMA TIMES編集部では、キャスターを務めるテレビ朝日の田中萌アナウンサー(担当:月・火・金)と、4月から新たにキャスターに加わった住田紗里アナウンサー(木)と並木万里菜アナウンサー(水)、金曜のお天気コーナーを務めるAKB48武藤十夢に話を聞いた。

 このコロナ禍で並木アナに起きた働き方の変化や、「おうち時間」の過ごし方とは。

――この2、3カ月の間でお仕事にどのような影響・変化がありましたか?

 平日の半分は自宅にいて、半分は出社していました。自宅でできることだと、リモートは会議や打ち合わせがメインなんですけど、番組を撮ることもありましたね。ABEMA Morningやミュージックステーションの生放送がある日は出社していました。

――リモート対応が増えたことで、仕事の進め方に影響は出ましたか?

 意外とリモートでも番組は成り立つなと思いました。最初の1カ月で新しい形なんだなと慣れてきた反面、いつまでもリモートの番組は続けられないので、コロナと共存して番組を制作していかないといけないといろいろ考えています。

 あと、リモートだと空気が読めないもどかしさがあリますね。隣にいると息づかいとかでわかるんですが、(リモートだと)ディレイもある分、入るタイミングとか空気が読み取りづらい部分はあります。

――「おうち時間」はどのように過ごしていましたか?

 オンライン英会話を始めました。もともとサイトには登録していたんですけど、仕事を理由になかなか重い腰が上がらず、登録したまま月額だけを払う幽霊会員だったんです(笑)。家にいる時間も増え、「通勤時間で勉強できるじゃん」と英会話レッスンを始めて、1日25分ぐらいは海外の人とオンラインで話しています。人見知りを克服したいがために、いろいろな人にチャレンジしています。

 良かったなと思ったのは、新型コロナのニュースはリアルタイムで世界中の人と話せる共通のテーマなんです。それをきっかけに、世界では今こういう感染対策が取られているとか、私の国ではマスクが手に入らないといった情報交換ができて、それは良かったなと思いました。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。