伊藤健太郎が源氏物語の世界にトリップ!黒木瞳監督作、三吉彩花&伊藤沙莉ら共演(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:シネマトゥデイ

本日6月30日に23歳の誕生日を迎えた俳優・伊藤健太郎が、「源氏物語」を題材にした内館牧子の長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を基に、女優・監督の黒木瞳が実写映画化した『十二単衣を着た悪魔』(11月6日公開)で、主演を務めることが明らかになった。

黒木瞳の初監督作『嫌な女』【画像】

 『十二単衣を着た悪魔』は、妥協や忖度を一切しない強い女性に翻弄されながらも成長していく青年を描く物語。伊藤は、就活に失敗し続けている実家暮らしのフリーター・伊藤雷役で、ひょんなことから「源氏物語」の世界にトリップしてしまう。弘徽殿女御に仕え、翻弄されながらも、未来を当てる比類なき陰陽師として周りから認められることで成長していく。

【広告】

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。