河野高志、1日で役満・四暗刻2発の離れ業!トータルでも首位独走/令昭位戦Aリーグ(ABEMA TIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ABEMA TIMES

麻雀プロ団体「RMU」のトップリーグ戦「令昭位戦」Aリーグ第4節が6月25日に行われ、河野高志が卓内トップ、トータルでも首位をがっちりキープ、半荘4回戦で役満2回の離れ業も見せた。

【動画】河野高志、1日で役満2回!

 前節までに2位以下を150ポイント以上引き離していた河野だが、今節も絶好調。自身2戦目の南1局、わずか8巡で役満・四暗刻をツモってトップを取ると、最終4戦目にも再び四暗刻ツモ。1日で2回の役満という大当たり日となった。「贅沢なことを言ってしまうと、四暗刻を2回上がってトップ2回という、内容の割にはそこまでポイントが伸びませんでした。今日のところは僕が良い成績になりましたが来週以降もまた気を引き締めて頑張ります」と、トータルでは2位を200ポイント以上引き離しても油断はしなかった。

【試合結果】

1位 河野高志 +76.7
2位 阿部孝則 +27.3
3位 谷井茂文 ▲18.3
4位 多井隆晴 ▲28.3
5位 松ヶ瀬隆也 ▲57.4

 ◆令昭位戦Aリーグ RMU所属のトッププロ6人によるリーグ戦。年間13節、1人最大46半荘を戦い、最もポイントの高かった選手がその年の令昭位となる。9節終了時で1人脱落、第10節終了時にさらに1人が脱落。11~13節は上位4人、ポイント半分持ち越しで戦う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

コメントは受け付けていません。