塚田美紀、圧巻の卓内トップ 2位梅村日奈子と決勝進出/麻雀・シンデレラリーグ(ABEMA TIMES)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ABEMA TIMES

女流プロ16人が頂点を争う麻雀ウォッチシンデレラリーグのプレーオフ3rdが6月26日に行われ、塚田美紀(最高位戦)が1人浮きの卓内トップ、2位にはマイナスながら競り合いを制した梅村日奈子(麻将連合)が入り、それぞれ決勝進出を果たした。

【動画】才色兼備の女流雀士対決

 上位2人が決勝進出となる中、塚田は全4戦のうち3トップを含むオールプラスの完勝。梅村は最終戦のオーラスまでもつれた2位争いの中、なんとか逃げ切った。塚田は「予選からプレーオフ1、2、3と勝ち上がって、やっとファイナルの舞台にたどり着きました。最後もしっかり攻めて、優勝したいと思います」と、予選をギリギリで通過しての決勝進出を喜んだ。また梅村は「プレーオフはすべて(2位や3位など)ぶら下がりで通過してきました。ファイナルは1位になる打ち方にシフトして、また違った自分をお見せできたらと思います」とコメントした。

【試合結果】

1位 塚田美紀(最高位戦) +156.1
2位 梅村日奈子(麻将連合) ▲5.9
3位 水谷葵(協会) ▲32.8
4位 涼宮麻由(協会) ▲117.4

※協会=日本プロ麻雀協会、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会

◆麻雀ウォッチシンデレラリーグ 最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、麻将連合、RMUの4団体から総勢16人の女流プロが集結し頂点を争う。16人を2ブロックに分けての予選(1人8半荘)、各ブロック1位は決勝に進出する。4、5位によるプレーオフ1st、予選3位+プレーオフ1st勝ち上がり者によるプレーオフ2nd、予選2位+プレーオフ2nd勝ち上がり者によるプレーオフ3rdと進行していく。プレーオフ以降、予選のポイントはリセットされる。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。