今まで以上に仕事をエンジョイ キャサリン妃、「”多忙で疲弊”報道は誤解」(ELLE ONLINE)

出典元:ELLE ONLINE

先月イギリスの雑誌『タトラー』が「メーガン妃が王室を離脱したことで、キャサリン妃は仕事量が増えストレスを感じている」と報じた。王室はこれに対して「不正確だ」と抗議、法的措置を取ると表明した。

怒っているのは王室だけではないもよう。王室関係者が「キャサリン妃自身も、自分のことを仕事量が多くて苦しんでいると言う人には怒るだろう」と雑誌『ピープル』に語っている。妃の仕事が増えていると報じているのは『タトラー』だけではないが「キャサリン妃はこの見方はが誤解だと思っているだろう。なぜなら本当に事実とは異なるから。妃はこれまでにないほど楽しみながら自分の役割を果たしている。彼女は自分の最善を尽くして、仕事をすべてやり切るだろう」。

【広告】

Doresuwe



コメントは受け付けていません。