「俺たちのばっしー」がやってくれた!石橋伸洋、自身最終戦で快勝/麻雀・Mリーグ(ABEMA TIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ABEMA TIMES

逆転優勝へ、最高の形でバトンを渡した。Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ・6月23日の第1試合で、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)がセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)とのトップラスを決めてファイナル初勝利、逆転優勝を呼び寄せた値千金のトップとなった。

【画像】Mリーグ・ファイナルシリーズ最終成績

 この対局は起家からセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、石橋、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)の並びでスタート。

 石橋は東2局に1万2000点をアガって抜け出すと、中盤からオーラスにかけて徹底的な守備バランスを見せる。南1局1本場には近藤から平和・赤・ドラの3900点(+300点、供託1000点)をアガり、ラスに落としてトップラスの並びを作ることに成功した。

 その後も石橋はダマテンでのアガリを次々に成功させ、ファイナル最終日で自身初勝利。対局会場から引き上げるシーンでは、カメラに向かってほほ笑んだ。インタビューでは「まずは第一関門突破、良い形でバトンを渡せたのは良かったです」と安堵の表情を見せた。

 レギュラーシーズンは200以上のマイナス(▲202.3)でギリギリ通過、セミファイナルもマイナス通過(▲3.5)とここまで薄氷を踏む形での勝ち上がり。しかしファイナルでは朝倉康心(最高位戦)が親で大三元をツモるなど、それぞれが調子を取り戻し、チームは最終戦を前に暫定首位となった。

 石橋は「自分の仕事はきっちりやったと思います」と胸を張った。そして最終戦を戦う小林剛(麻将連合)へ「小林さん、絶対に優勝しましょう!」と呼びかけた。この対局、近藤との並びを作るなど効果的なアガリを見せるたびに「俺たちのばっしー」「キング完璧すぎないか!」と、石橋の華麗な打ち回しへのコメントが注がれた。

 また、試合直後は小林が「条件戦はやはりばっしーだなあ。ホントに面白くなってきたね。」とTwitterへ投稿。“黒いデジタル”の異名を持ち、数字に強く数々の条件戦をクリアしてきた石橋へ、賛辞を寄せていた。

【1回戦結果】

1着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)5万4800点/+74.8
2着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)2万1500点/+1.5
3着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)2万1100点/▲18.9
4着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)2600点/▲57.4

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。