『評決のとき』『ロストボーイ』『バットマン』…スターたちがシューマッカー監督追悼(シネマトゥデイ)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:シネマトゥデイ

映画『バットマン』シリーズなどを手掛けた、ジョエル・シューマカー監督が、現地時間22日にがんで亡くなったことを受け、シューマカー作品に出演したスターたちが、追悼のメッセージをSNSなどに寄せている。

『バットマン フォーエヴァー』リドラーを演じるジム・キャリー

 1996年の法廷ドラマ『評決のとき』に出演したマシュー・マコノヒーは、Vriertyに寄せた声明で「ジョエルは僕にチャンスをくれただけじゃなく、僕のために戦ってくれたんだ。当時、スタジオが僕のようなどこの誰ともわからない人間を主演に認めないかもしれないとわかっていた彼は、ある日曜日の朝、小さなスタジオで、秘密のスクリーンテストをセッティングしてくれた」と回願。当時は新人で目立った出演作のなかったマコノヒーは、『評決のとき』で、主人公の新米弁護士ジェイク役に大抜擢を受け大ブレイクを果たした。「セットで大変な思いをしていると、彼はいつだって、新人俳優へのシンプルで最適なアドバイスで、思い出させてくれたんだ『ヘイ、君はジェイクだ。マシュー、君が彼なんだ』ってね。あの頃、ジョエル・シューマカーが信じてくれていなかったら、僕のキャリアはこんなにも素晴らしいものになっていなかっただろう」。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。