ツヨカワ海賊、大トップ!瑞原明奈「やっと力になれた」と役満級笑顔/麻雀・Mリーグ(ABEMA TIMES)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ABEMA TIMES

インタビューに登場した美女海賊は、身振り手振りを駆使し、情熱的に対局を振り返った。Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナル・6月19日の第1試合、U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)が5万点を超える大トップを獲得した。

【動画】美女雀士の役満級スマイル

 この対局は起家から瑞原、渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)の並びでスタート。

 瑞原は開局早々に魚谷から5800点を先制すると、その後も果敢に攻め続け、東1局2本場の内川から魚谷への満貫横移動を除く、4局連続テンパイ料の獲得に成功した。

 東4局3本場には日向とリーチのめくりあいとなり、これを制してリーチ・赤・ドラ2の8000点(+900点、供託1000点)を得て断トツとなった。

 その後も手を緩めることなく、オーラスを迎える際には5万8300点のトップ目。終盤、国士無双と四暗刻をそれぞれイーシャンテンにこぎつけ、前夜の朝倉康心(最高位戦)に続く役満成就なるかとファンも色めきだったが、ここは他家のアガリを見送って、危なげない形でゲームセット。瑞原はセミファイナル以来のトップを獲得した。

 インタビューでは開口一番「もう…なんて言っていいかわからないくらい嬉しいです」と、勝利に飢えていた心境を隠さなかった。「このトップはチームにとって大きい。やっと貢献できたかな」と安堵の表情を浮かべた。

 最後には「私たちはロマンを追うというようなことはなく、着々と、目の前のことをやって、その結果優勝を目指しているので」と、“スーパーデジタル”小林剛(麻将連合)を筆頭に、デジタル雀士が揃ったチームカラーを改めて説明しつつ、優勝へ向けて手ごたえを示した。

 度重なる役満チャンスにも冷静さを失わず、自らのスタイルを貫くことで運気も引き寄せ、大トップを掴み取った。早稲田大学卒の才媛、ママ雀士でもありながら“美女海賊”として今期初出場時から名を馳せている瑞原には、この日も「かわいい!」「写真集まだ?」「ミス日本より美人」と多数のコメントが投稿されていた。

【1回戦結果】

1着 U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)5万7200点/+77.2
2着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟) 3万100点/+10.1
3着 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)1万4000点/▲26.0
4着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)▲1300点/▲61.3

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。