米ワーナー、「TENET テネット」「ワンダーウーマン1984」を公開延期に(映画.com)

出典元:映画.com

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、話題の新作映画「TENET テネット」と「ワンダーウーマン 1984」の全米公開日を揃って延期すると発表した。

 クリストファー・ノーラン監督が自ら書き下ろしたオリジナル脚本をもとにメガホンをとる「TENET テネット」は、第3次世界大戦の勃発を防ぐという世紀のミッションを課せられた諜報員の奮闘を壮大なスケールで描くタイムサスペンス。キャストには、主演のジョン・デビッド・ワシントン(「ブラック・クランズマン」)以下、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、アーロン・テイラー=ジョンソン、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナーら実力派俳優陣が顔をそろえる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3月中旬から閉鎖を余儀なくされていたアメリカ国内の映画館にとって、営業再開を告げるファンファーレにふさわしい超大作として期待されていた同作だが、7月17日から同31日に2週間後ろ倒されてしまった。

 米バラエティによれば、7月17日から「TENET テネット」を上映予定だった映画館では代替作品として、ノーラン監督の代表作のひとつである「インセプション」の公開10周年を記念したリバイバル上映が行われるとのことだ。

 一方で、パティ・ジェンキンス監督、ガル・ギャドット主演の大ヒットDC映画「ワンダーウーマン」の続編「ワンダーウーマン 1984」は、8月14日から10月2日へと約2カ月後ろ倒された。これで3度目の公開延期となった同作では、ジェンキンス監督とワンダーウーマン/ダイアナ役を演じるギャドットが再タッグを組むほか、ダイアナの最愛の恋人スティーブ役のクリス・パインとアンティオぺ将軍役のロビン・ライトが続投。ワンダーウーマンの前に立ちはだかる最強の敵役で、クリステン・ウィグとペドロ・パスカルが新たにキャストに加わる。

 ラッセル・クロウ主演のアクションスリラー「Unhinged(原題)」と米ソニー・ピクチャーズのロマコメ「The Broken Hearts Gallery(原題)」の新作映画2本が7月10日に全米公開を控えているとはいえ、現時点で十分な集客が見込める大作は、7月24日に封切られるディズニーの実写版「ムーラン」のみ。7月を目途に営業再開に向けた準備を進めている米大手シネコンチェーン各社にとって、「TENET テネット」の公開延期は大きな痛手となりそうだ。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。