エリザベス女王が公式誕生日につけたブローチの意味とは(ELLE ONLINE)

出典元:ELLE ONLINE

王室の魅力の一部は、その一貫性にあるといえるかもしれない。イギリスを過去65年間、戦時中も平和なときも、繁栄と困難のどちらの状況にあるときにも、治めてきたのはエリザベス女王。そして、女王をはじめとするロイヤルたちはこれまで、そうした「国の安定」を、アクセサリーなど身に着けるもので表現してきた。

【写真】真のファッショニスタ! エリザベス女王の華麗なるロイヤルファッションヒストリー

たとえば、女王はほぼ毎年、同じ行事には同じジュエリーをつけて出席する。つまり、その慣習が破られたときには、それなりの意味があるということになる。

イギリスでは2020年6月13日、例年より大幅に規模を縮小した女王の公式誕生日を祝うイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」が行われた。女王が滞在中のウィンザー城で行い、一般公開せず、小規模な軍の式典とすることになったのは、新型コロナウイルスの感染拡大でソーシャルディスタンスの確保が欠かせないなか、沿道に大勢の人が集まる盛大なパレードの実施や、バッキンガム宮殿のバルコニーにロイヤルファミリーが勢ぞろいすることはできないと判断されたため。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。