渋谷の映画館「シネクイント」が“涙のお願い”! 存続応援プロジェクト実施中(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:映画.com

[映画.com ニュース] 東京・渋谷シネクイントの存続応援プロジェクト「20年間生き残ってきた渋谷のミニシアターより涙のお願いです。」が、CAMPFIREのクラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」で実施中。8月2日の午後11時59分まで行われており、目標金額は150万円に設定されている。

【フォトギャラリー】存続応援プロジェクトのリターン一覧

 1999年のミニシアターブームに誕生し、2016年の一時休館を経て、18年に復活した渋谷シネクイント。環境の変化や時代の波を乗り越えながら、約20年間、渋谷の街で営業を続けてきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、かつてない苦境に直面している。約2カ月間の完全休業期間中に生じた多額の赤字に加え、営業再開後も「営業時間の短縮」「1席ずつ間隔を空けてチケットの販売」など、当面の間、これまでと同等の売り上げを維持できない状況が続くと見込まれている。

 今回のプロジェクトは、この危機的状況を乗り越えるために立ち上がったもの。支援金は、賃料、水道光熱費、人件費、新型コロナウイルス感染拡大防止の備品類の購入に使用される。支援用のコースは、返礼品なしの「まるまる応援コース」(3000円)、デザイナーnorahi氏によるオリジナルグッズがもらえる「オリジナルグッズコース」(2000円、3500円)、映画上映前に支援者の名前をスクリーンに投影する「スクリーンお名前上映コース」(5000円)、姉妹館のWHITE CINE QUINTO(ホワイト シネクイント)でも使用できる「お得な鑑賞チケットコース」(3600円~1万円)、スクリーン2を3時間限定で利用できる「映画館をひとり占め!!『CINEQUINTO』3時間貸し切りコース」(15万円。グループでの利用も可能)が用意されている。

 「20年間生き残ってきた渋谷のミニ シアターより涙のお願いです。」は、「BOOSTER(ブースター)」(https://camp-fire.jp/projects/view/291291)で実施中。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。