衝撃作『罪と女王』美しき新星グスタフ・リンの素顔(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:シネマトゥデイ

デンマークで異例の快挙を成し遂げた映画『罪と女王』(上映中)で、長編映画初出演を果たした新星グスタフ・リンが、義理の母と関係を持つ息子という難役に挑んだ撮影の裏側を語った。

【動画】衝撃のデンマーク映画『罪と女王』予告編

 本作は、優しい医師の夫と幼い双子の娘と共に完璧な人生を送っていた敏腕弁護士のアンネ(トリーヌ・ディルホム)が、夫と前妻の息子である17歳のグスタフ(グスタフ・リン)に許されぬ欲望を抱いていく物語。監督のメイ・エル・トーキーは、史上初めて女性監督としてデンマーク・アカデミー賞(ロバート賞)作品賞を受賞した。17歳の息子に抜擢されたグスタフはストックホルム映画祭でライジングスター賞を受賞した注目株で、撮影当時23歳。デンマークの47歳の名女優トリーヌ・ディルホムを相手に繊細かつ体当たりの熱演を見せた。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。