川原舞子、役満・四暗刻などで10万点超トップ!「予想以上の結果」/麻雀・女流桜花Aリーグ(ABEMA TIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ABEMA TIMES

日本プロ麻雀連盟の女流プロ最高峰タイトル「女流桜花」への挑戦権を争う女流桜花Aリーグの第1節C卓が6月11日に行われ、初のAリーグ挑戦だった川原舞子が全4回戦のうち2戦目で親の役満・四暗刻をアガるなど10万点超のトップを取るなどして、卓内トップになった。

【動画】美人雀士・高宮まりの棒読み「わ~、キレイ」

 キャリア十分の3人に囲まれた川原だったが、プレッシャーを吹き飛ばすように2回戦で大爆発。親番でダブ東・ドラ2を2回、さらに役満・四暗刻と、開局からわずか10分で10万点を突破した。その後、多少点棒を減らしたものの、最後もアガリで締め、10万点台に戻してトップを取った。4回戦にもトップを取り、この日のトータルは90ポイントオーバー。「緊張していましたが、初のAリーグなのでプラスにしたかったので予想以上の結果で満足しております」と、最高のデビュー戦となった。

【試合結果】

1位 川原舞子 +90.8
2位 清水香織 ▲12.2
3位 赤司美奈子 ▲38.9
4位 西山あみ ▲39.7

 ◆女流桜花 2006年度に設立された、日本プロ麻雀連盟所属の女流プロによる1年のリーグ戦。上位20人がAリーグで、年間成績上位3人が前年度の女流桜花と3日間、半荘12回に女流桜花決定戦を行う。

 ◆日本プロ麻雀連盟 1981年に設立。森山茂和会長。ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。2016年に行われた「麻雀プロ団体日本一決定戦」でも優勝した。主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。
(C)日本プロ麻雀連盟チャンネル ※画像はFRESH LIVEから

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。