ビリー・アイリッシュ、音楽界にも存在する差別についてコメント(ELLE ONLINE)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ELLE ONLINE

ビリー・アイリッシュは先ごろ、イギリス版『GQ』のインタビューのなかで、音楽のジャンル分けを批判したタイラー・ザ・クリエイターと同じ考えを持っていることを明らかにした。

タイラーは今年1月、第62回グラミー賞で最優秀ラップ・アルバム賞を受賞したことを受け、感謝の言葉を述べると同時に、ジャンルの分類については「グラミー賞の主催者側に人種差別がある」と批判。2019年にリリースした自身のアルバム『IGOR』への評価にも疑問を持っているとして、次のように述べていた。

「ある面では、自分の作ったものがこんな世界で認められるなんて、とすごく感謝している」「だけど同時に、最悪だとも思う。俺たち、つまり俺みたいな外見の奴らが何かジャンルを超えるようなことをした時、彼らはいつでも、それを『ラップ』とか『アーバン』のカテゴリーに押し込もうとする。俺は『アーバン』って言葉が嫌いなんだ。俺にとって『アーバン』は、Nワードを“政治的に正しく言い換えた”みたいなもの。どうして俺たちはポップに入らない?」

さらに、「ラップでノミネートとされることに、半分は誠意のない褒め言葉をもらったような感じを受ける」「あとの半分は、自分の作品が、こんなレベルで認めてもらえたということに対して、本当に感謝する気持ち」と続けた。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。