「麒麟がくる」でキレる家康 風間俊介「ただただ腹立たしかった」(シネマトゥデイ)

出典元:シネマトゥデイ

大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)で松平元康(後の徳川家康)を演じる風間俊介が、7日放送の織田信長と今川義元の合戦「桶狭間の戦い」を描いた第二十一回の撮影を振り返った。(※ネタバレあり。二十一回の詳細に触れています)

【写真】風間俊介、人生初の丸刈り姿

 第二十一回「決戦!桶狭間」では、駿河の今川義元(片岡愛之助)から、尾張への侵攻の先鋒を任された元康だが、三河勢を駒のように扱う今川方に嫌気がさすように。大高城に入った元康軍に今川の家臣から即刻、鳴海城への出陣命令。そして今度は桶狭間への出陣を迫られ、元康はとうとう「本日はここを一歩も動きませぬ!」と反旗を翻す。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。