仲間由紀恵主演「ごくせん」18年ぶり放送 生徒役に松本潤、小栗旬ら(シネマトゥデイ)

2000年代に社会現象を巻き起こした仲間由紀恵主演の学園ドラマ「ごくせん」第1シリーズの第1話・2話が特別編として約18年ぶりに、6月3日・10日の2週にわたって放送される(日本テレビ系・いずれも夜10時~11時)。森本梢子の漫画に基づき、任侠集団の一家で育った熱血高校教師“ヤンクミ”と不良生徒たちの交流を描く物語で、第1シリーズでは生徒役に松本潤、小栗旬、石垣佑磨、成宮寛貴らが名を連ねていた。

【写真】「ごくせん」劇場版

 本シリーズは2002年、2005年、2008年に3シーズンにわたって放送され、2009年には映画版が34.8億円のヒットを記録(日本映画製作者連盟調べ)。ヤンクミと呼ばれる数学教師・山口久美子を演じた仲間がアタリ役に。第1シリーズでは3年D組の生徒役として、駆け出しだった頃の松山ケンイチ、上地雄輔も出演。第2シリーズ以降では亀梨和也、高木雄也、三浦春馬らが生徒を好演していた。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。