綾野剛&舘ひろしが初共演! 藤井道人監督作「ヤクザと家族 The Family」2021年公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

[映画.com ニュース]綾野剛と舘ひろしが、第43回日本アカデミー賞主要3冠(最優秀作品賞、最優秀男優賞、最優秀女優賞)に輝いた「新聞記者」の製作陣による映画「ヤクザと家族 The Family」で初共演していることがわかった。

【フォトギャラリー】「影裏」公開記念舞台挨拶での綾野剛

 「あゝ、荒野」「宮本から君へ」といった話題作を発表し続けるスターサンズの河村光庸プロデューサーが企画、「新聞記者」の藤井道人監督がオリジナル脚本を執筆し、様々な問題をはらんだ“ヤクザ”という題材に挑む。河村氏は「ヤクザは人間社会の矛盾と不条理が集約された形で今日まで生き残ってきました。しかし、“生身の人間”を見出すことが難しくなり、グローバル経済が優先される今の社会システムの中で、個が集団に分断され、押しつぶされ、ヤクザは一括りに『反社』として扱われ真っ先に排除される…」と分析。「現代社会のリアルな縮図として今こそ、どうしても問題提起せねばならないテーマなのです」と説明する。

 1999年、2005年、2019年という3つの時代を経て描くのは、ひとりの男と“家族・ファミリー”の壮大な物語だ。ヤクザ役初挑戦となる綾野は、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役に。移り変わる社会の中で「組織=ファミリー」と「愛する家族」の間で揺れ動く、時代を象徴する“最後のヤクザ”ともいえる人物だ。一方、舘にとって、ヤクザ役は43年ぶり。山本に手を差し伸べ、“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を演じ、それぞれがコメントを寄せている。

 綾野「渾身の作品が生まれました。現場では今までに感じた事の無い鼓動の連続で、毎日が走馬灯のようでした。果てしなく目を背けたくなるような残酷さと、その体温を永遠と抱きしめ続けたくなるような心地よさ。これが“家族”なのかと。母、親父、兄弟、愛した女。過去から現在、人権と時代。そしてこれからの未来を生き抜く子供たち。私達、藤井組は、その全てをひとつの映画に込めました。幾度もの難関にも映画は私達を見放さず、見つめ続け、救ってくれた。映画は私達にとって最後の“家族”です。スタッフ、キャスト、家族のみんなで乗り越え導き出した愛の結晶。それが『ヤクザと家族 The Family』です。どうか、どうか。家族を大切に」

 舘「『ヤクザ』という題材で家族の愛を描いた作品(脚本)に、大変興味を持ちました。藤井監督は感情表現を繊細に演出し、俳優スタッフが一つとなり、丁寧に作品を作り上げていきます。その姿勢に感銘を受けました。綾野剛さんは、訴えかける目力が素晴らしい。いつも作品のこと、役柄を深く考えており、役の中をリアルに生きている、そんな俳優さんだと思います。とても刺激をもらいました。『ヤクザと家族 The Family』どうぞ、ご期待ください」

 「新しいヤクザ映画」にチャレンジした藤井監督。キャスティングについては「河村プロデューサーと話して、主人公の山本という役は綾野剛以外考えられない、という共通の認識でした。20年の役を生きる山本という役は、その時代を象徴するかのように様々な繊細な感情を表現しなければならなかったからです。綾野さんのストイックな役への姿勢は、本作の脚本の世界を何倍にも広げてくれました。柴咲組の組長を演じた舘ひろしさんは、僕のリクエストです。かっこよくて、でも愛嬌もある、優しい『父親像』を舘さんに託しました。舘さんには撮影時本当にたくさんのことを教えていただき、僕の監督人生の大きな財産の一つとなりました」と語っている。

 「ヤクザと家族 The Family」は、19年11~12月に静岡県沼津市、富士市、裾野市などで撮影。21年に公開予定。

【広告】

Doresuwe



コメントは受け付けていません。