ケイト・ブランシェットが「エヴァの告白」監督新作&「マネー・ショート」監督新作に相次いで出演(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ケイト・ブランシェット

[映画.com ニュース] オスカー女優のケイト・ブランシェットが、「アド・アストラ」「エヴァの告白」のジェームズ・グレイ監督の新作と、「バイス」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ監督の新作に出演することがわかった。

 米バラエティによれば、グレイ監督・脚本の新作「Armageddon Times(原題)」は、米ニューヨーク市クイーンズ区の名門私立学校キュー・フォレスト・スクールに通っていたグレイ監督自身の学生時代の体験をもとにした作品。同校はドナルド・トランプ米大統領の母校で、その父フレッド・トランプが理事を務めていた。映画は校長を主人公に描くとのことで、「アド・アストラ」に続いてRTフィーチャーズが製作する。

 マッケイ監督・脚本の新作「Don’t Look Up(原題)」は、ジェニファー・ローレンスが主演。仕事のできない天文学者2人が、地球を滅亡させる小惑星が迫りつつあることをメディアに伝える役割を担うアンサンブルコメディ。マッケイ監督の製作会社ハイパーオブジェクト・インダストリーズがNetflixオリジナル映画として製作する。

 ちなみに、ブランシェットは、イーライ・ロス監督が人気ゲームを映画化する新作「ボーダーランズ(原題)」にも出演が決まっている。現在のところ、これらの作品の撮影がいつスタートするかは明らかになっていない。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。