マイケル・ベイ監督、新作オーディオブック「アーマード」を映画化(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

[映画.com ニュース] 「トランスフォーマー」シリーズで知られるマイケル・ベイ監督が、オーディオブック「アーマード(原題)」を映画化することになったと、米Deadlineが報じている。

 「アーマード(原題)」は、国連大使を乗せてメキシコの危険地帯をエスコートする護送団に属するひとりのメンバーを主人公にしたアクション小説で、「レッド・メタル作戦発動」や「暗殺者の潜入」などで知られるマーク・グリーニーが執筆。今年下半期にオーディオブック版がAudibleで発売され、その後、書籍版が刊行されることになっている。

 米ソニー・ピクチャーズは、ベイ監督作として「アーマード(原題)」の映画化権を獲得。ベイ監督は、「13時間 ベンガジの秘密の兵士」でタッグを組んだアーウィン・ストフと共同でプロデュースを行うという。脚本家は現時点では未定だ。

 なお、ベイ監督の制作会社ベイ・フィルムズ(Bay Films)は、3月にソニー・ピクチャーズと複数年のファーストルック契約を結んだばかり。コロナ禍のなかでも精力的に活動を続けており、プロデュサーを務める低予算のパンデミック・スリラー「ソングバード(原題)」(アダム・メイソン監督)は近々米ロサンゼルスでクランクインする予定だという。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。