コロナ禍からカルチャーを守れ!井浦新、川瀬陽太、田中要次、古舘寛治ら激論(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

俳優の井浦新、川瀬陽太、田中要次、古舘寛治が22日、文化芸術復興基金の早期創設を目指すプロジェクト「#WeNeedCulture」のオンラインイベントにリモート出演(DOMMUNEにて配信)。新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている映画館(ミニシアター)、演劇、ライブハウス・クラブへのあふれる思い、支援策などを熱く語った。

【動画】7時間に及んだ「#WeNeedCulture」シンポジウム

 自粛生活で髭が伸び、まるで哲学者のような風貌で登場した田中は、「ミニシアターが本当に危うくて、放っておくと各地からどんどん消えていってしまう」と事態を深刻に受け止めている。一方で「これを機に新たなカルチャーを生み出すチャンス」とも捉えている田中は、「誰が先陣を切ってやるか、ということですよね。今、リモートドラマがたくさん出てきていますが、そのパターンはすぐに飽きちゃうと思うので、何かもっと違う発想で、新しい何かを生み出していけたら。僕も実は面白い物語を思い付いたんですが、ここで発表すると持っていかれるので、(密かに)自分で書こうと思っています(笑)」と先を見据える。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。