カメラマンは俳優自身、演出指示はWeb会議で。今だからこそ「テレワークドラマ」波乱万丈の舞台裏(BuzzFeed Japan)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で、各局のTVドラマが放送、撮影を見合わせている昨今。

そんな中、NHKが“テレワークドラマ”の制作を発表しました。『今だから、新作ドラマ作ってみました』と題したシリーズで、5月4日、5日、8日夜にそれぞれ1話ずつ放送します。

【写真】こんなの仕事にならないよ!「飼い主を押しのけてPCの上でくつろぐネコ」が世界中で出没中

ハワイでの結婚式が中止になってしまったカップル、亡くなった妻とビデオチャット越しに再会するサラリーマン、外出自粛で閉じこもっていたら「会いたい」と思った人と魂が入れ替わってしまった男女3人――。

設定からして「新型コロナ時代」にチューニングされた世界観です。

第一夜は満島真之介さんと前田亜季さん、第2夜は小日向文世さんと竹下景子さん、第3夜は柴咲コウさんとムロツヨシさん、高橋一生さんが出演。

大河ドラマ『おんな城主直虎』の森下佳子さんが脚本を務めるなど、豪華なスタッフ、俳優陣も話題を呼んでいます。

スタッフ間の打ち合わせはもちろん、進行も演出指示もすべてWeb会議で。撮影はスマートフォン、カメラワークは俳優自身が担当し「テレワーク」で完結しています。一体どんなドラマに仕上がっているのかドキドキですね……!

今回のドラマ、どんな風に生まれたの? 連続テレビ小説「ごちそうさん」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の制作統括などを手掛けてきた、編成局編成センター副部長の岡本幸江さんに聞きました。

(※取材は5月1日、Web会議システムを使って実施した)

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。