ザック・スナイダー監督版「ジャスティス・リーグ」、2021年に米HBO Maxで配信(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:ワーナーは仕上げの作業に2000万~3000万ドルを費やす予定

[映画.com ニュース] ザック・スナイダー監督版「ジャスティス・リーグ」が、2021年に米HBO Maxで配信されることが明らかになったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

 「ジャスティス・リーグ」は、「マン・オブ・スティール」から始まったDCエクステンデッド・ユニバースの総決算として、バットマンやワンダーウーマンといったDCコミックスの人気スーパーヒーロー総出演の超大作として期待されていた。だが、公開後の評価は芳しくなく、巨額の製作費を投じたにも関わらず世界累計興行収入は6億5790万ドルに留まっている。

 同作は、「マン・オブ・スティール」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に続き、スナイダー監督がメガホンをとっていたものの、娘の急死を理由にポストプロダクションの途中で降板。その後、「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンが追加撮影を行ったうえで完成に導いた経緯がある。そのため、劇場公開版に不満を抱いた一部のDC映画ファンは、スナイダー監督の構想を反映させた「スナイダー・カット」の公開を求めていたが、製作・配給を手がけた米ワーナー・ブラザースからの反応はなかった。

 だが、「スナイダー・カット」を求める声が公開から2年が経過しても止まないことから、19年11月にワーナーのトビー・エメリッヒ会長がスナイダー監督と妻のプロデューサー、デボラ・スナイダーに「スナイダー・カット」実現の可能性を打診。途中で降板したため、スナイダー監督が編集した「ジャスティス・リーグ」には、 VFXをはじめとするポストプロダクション作業が一切施されていない。そのため再編集からVFX、アフレコなどの仕上げを行う必要があり、ワーナーは2000万~3000万ドルを費やす予定だという。

 スナイダー監督は、「これは完全に新しいものになる」「劇場公開版を見た人にとっても、まったく違った新しい体験になるはずだ」と自信をのぞかせている。ワーナーメディアの新ストリーミングサービスHBO Maxで、21年に配信予定。4時間のディレクターズ・カット版として配信されるのか、全6話のミニシリーズとして配信されるのか、現時点では不明だという。

 なお、スナイダー監督が現在ポストプロダクション作業を行っているゾンビスリラー「Army of the Dead(原題)」は、21年にNetflixで配信される予定。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。