斎藤工「もったいないキッチン」日本語吹替版に参加 コロナ禍を受け「もったいない精神」の重要性訴える(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:斎藤工「我々の新たなフードライフラインの基準は、このもったいない精神である事を願っています」

[映画.com ニュース]俳優の斎藤工が、フードロスの問題に迫るドキュメンタリー「もったいないキッチン」の日本語吹き替え版キャストに決定した。斎藤は「必要、不要、無駄なモノをまざまざと知らしめられたコロナ禍。来たるアフターコロナの新世界。我々の新たなフードライフラインの基準は、このもったいない精神である事を願っています。これ以上地球を怒らせない様に。より多くの日本の方に届く様、心を込めさせて頂きます」とコメントを寄せた。

【フォトギャラリー】日本を旅しながら、フードロス解決の糸口を探る「もったいないキッチン」場面写真

 オーストリアのフードアクティビスト(食材救済人)で、映画監督でもあるダービド・グロスが、命あるものに対する畏敬の念がこめられた美しい言葉「もったいない」の精神を宿す日本を、キッチンカーでめぐるロードムービー。コンビニエンスストアや一般家庭から、まだ食べられるのに捨てられる運命にある“0円食材”を救済し、シェフや生産者の協力を得ておいしい料理に生まれ変わらせていく。グロス監督が「もったいない」精神の国でありながらフードロス大国でもある日本の矛盾を鋭く突く一方で、各地に根付く「もったいない」アイデアに感動する姿をおさめている。

 日本語吹き替え版では、俳優として「騙し絵の牙」「糸」が控え、映画監督としても活躍する斎藤がグロス監督の声を務める。斉藤は、ヨーロッパを舞台にしたグロス監督の前作「0円キッチン」のファンだったという。

 「もったいないキッチン」は、8月からシネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開予定。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。