「モンスター娘のお医者さん」OP主題歌をARCANA PROJECT、ED主題歌を鈴木愛奈が担当(映画.com)

出典元:ARCANA PROJECT

[映画.com ニュース] 折口良乃氏のファンタジー小説(講談社刊)をテレビアニメ化する「モンスター娘のお医者さん」の主題歌アーティストが決定した。オープニング主題歌「カンパネラ響く空で」を6人組ボーカルユニット「ARCANA PROJECT」、エンディング主題歌「やさしさの名前」を声優アーティストの鈴木愛奈が歌う。

 「ARCANA PROJECT」は、「でんぱ組.inc」や「Mia REGINA」が所属するディアステージとランティスが共同でプロデュースするユニットで、「カンパネラ響く空で」が1stシングルかつ初のアニメタイアップ楽曲。メンバーの桜野羽咲は「作品を思い歌ったこの曲が少しでもみなさまの心に響き渡りますようにっ!」とコメントを寄せている。

 一方の「やさしさの名前」も、鈴木にとって1stシングルとしてリリース。鈴木は「『モンスター娘のお医者さん』という作品は、人間とモン娘たちが共存する街で繰り広げられる診察奮闘記。その世界観を最後の最後まで楽しんでいただけるよう、温かい音の中に溢れ出す愛や力強さを込めて歌いました」と話している。

 「モンスター娘のお医者さん」は、魔族と人間が共存する街リンド・ヴルムを舞台に、新米医師のグレン・リトバイト(CV:土岐隼一)と、その助手を務めるラミア族の女性サーフェンティット・ネイクス(サーフェ/大西沙織)が、診療所を訪れるさまざまなモンスター娘たちを診察していく日々の奮闘記。グレンは患者たちを全力で診察するあまり、きわどく、あぶない雰囲気になってしまう。原作イラストは、モンスター娘ジャンルの第一人者として知られるZトン氏が担当している。アニメ版は7月放送。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。