土屋太鳳、3度断った“難役”に挑戦! 渡部亮平監督作「哀愁しんでれら」2021年早春公開(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:完全オリジナル脚本の“裏”おとぎ話サスペンスに主演!

[映画.com ニュース] 女優の土屋太鳳が、新鋭・渡部亮平監督がメガホンをとる「哀愁しんでれら」に主演することが決定。土屋が3度オファーを断った“難役”に挑んでおり、2021年早春に全国公開される。

【フォトギャラリー】映画「バンブルビー」では、志尊淳とアフレコに挑戦した土屋太鳳

 ぴあフィルムフェスティバル(2012)で「かしこい狗は、吠えずに笑う」が高評価を得た渡部監督は、ドラマ「時をかける少女」(2016年版)、「3月のライオン」(前編&後編)、「ビブリア古書堂の事件手帖」「麻雀放浪記2020」などの脚本を手掛けてきた。本作の企画は「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILMS 2016」のグランプリを獲得したもので、渡部監督の完全オリジナル脚本によって映画化される。

 主人公は、市役所に勤める福浦小春。幸せでも不幸せでもない平凡な毎日を送っていたが「祖父が倒れる」「父が飲酒運転で連行される」「自宅が全焼する」「警察で事情聴取を受ける」「頼りにしていた恋人と、自分の同僚との浮気を目撃」という怒涛の不幸を、たった1晩で経験し、全てを失ってしまう。そんな彼女の前に現れたのは、8歳の娘・ヒカリを男手ひとつで育てる開業医の大悟。まるで王子様のような彼のプロポーズを受け入れた小春は、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ。しかしその先には、想像もつかない日々が待ち受けていた。

 小春を演じることになった土屋は「初めてこの物語を読ませていただいた時、私が感じたのは嫌悪感と疑問でした。光栄だけれど、なぜ私にと思って下さるんだろう。理由を知りたくて監督にお会いしましたが分からず、おこがましいながらお断りしました。覚悟できないまま取り組む物語ではないからです。でも、脚本は私の前に戻ってきました」と打ち明ける。しかし、脚本と4度目に対峙した際に、心境に変化があったそうだ。

 土屋「4回目に戻ってきて急に『この物語は生まれたがってるんじゃないか』と感じたんです。脚本の中で小春が泣いているようにも感じました。私に出来ることがあるなら、一緒に泣くこと。理解できるかではなく生まれてくるものを愛すること。そう感じたころ共演者を知り、そのかたと踏み出せるならと覚悟を決めました。迷った末の撮影は得難い時間の連続でした。命が命を愛そうとする時の摩擦熱のような何かが今も心に残っています。感じていただけますよう」

 渡部監督は「『私は幸せになれるのか?』という誰もが抱える漠然とした恐怖を、なんとか拭い去り日々を懸命に生きようとする『哀愁しんでれら』の主人公・小春は、いま現在の土屋太鳳さんにどうしても演じて欲しい役でした」と告白。「撮影を通して、怒涛の展開に振り回されながら、様々な表情を見せてくれる土屋太鳳という女優の表現力の豊かさに改めて胸を打たれました」と明かし、作品に込めた願いを語る。

 渡部監督「『幸せにならなきゃ!』という想いに無意識ながら苦しんでいる方は必見です。いい人と結婚したい。いい暮らしがしたい。いい母親になりたい。いい子に育てたい。社会から押し売りされた幸福の理想像や手放せぬ願望によって、気づかぬうち真綿で首を締めるように追い詰められていく。普通だった女の子を、まったく想像もしてなかった存在にまで変貌させてしまう。『哀愁しんでれら』は決して他人事ではなく、あなた自身が主人公になりうる物語です。あっ、白馬の王子様は登場しません。でも、もっと素敵な俳優が出演します。続報をお楽しみに!」

 「哀愁しんでれら」は、21年早春に全国公開。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。