『マッドマックス』火を噴くギターの人気キャラはカット寸前だった(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で、ひたすらギターをかき鳴らす人気キャラクター、コーマドゥーフ・ウォリアーが、スタジオの意向でカットの危機にあったという。 The New York Times のカイル・ブキャナン氏が、Twitterで明かした。

コーマドゥーフ・ウォリアーも登場する『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告編

 ドゥーフ・ウォリアーは、イモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)の行軍中に、大量のスピーカーを搭載した改造車の上で、火炎放射器付きのギターをかき鳴らすキャラクター。出番はほとんどないが、そのクレイジーなデザインも合わさり、屈指の人気キャラクターとなった。

【広告】


コメントは受け付けていません。