大島優子、石井裕也監督『生きちゃった』に出演!(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:重く苦しい役に挑んだ大島優子 – (C)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

大島優子が『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』などの石井裕也監督がメガホンを取る新作映画『生きちゃった』(今秋公開)に出演することが発表された。大島は「この作品を通じて、役に“裸”で向き合うことの大切さを学びました」とコメントを発表している。

【写真】映画『生きちゃった』ポスター

 本作は石井監督がオリジナル脚本で挑む作品で、仲野太賀が主人公・山田厚久を、若葉竜也が厚久と幼なじみの武田を演じる。大島は同じく幼なじみで厚久と結婚して5歳の娘がいる奈津美役を担当する。ある日、平凡だがそれなりの生活を送っていた厚久が家に帰ると奈津美が見知らぬ男と情事にふけっていて、それを境に厚久、武田、奈津美の関係性はゆがみ、物語は予期せぬ展開へと向かう。

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。