サバゲ―界のカリスマ、フェースシールド作成で無償の医療支援「こういうことでしか協力できない」(AbemaTIMES)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

「こういうことでしか自分は協力できないけれど…」

 新型コロナウイルス感染症と最前線で戦い続ける医療現場を支えるべく、サバゲ―界のカリスマが立ち上がった。

【映像】サバゲ―のカリスマが医療支援

 その人物とは、サバゲ―界の“ボスゲリラ”こと青木博さん(49)。この業界に身を置いておよそ30年という青木さんは普段、サバゲ―チームを運営しながら東京都内でミリタリーショップ「バーストヘッド」を経営している。

「(医療現場で)シールド系が足りないとテレビで報道されていた。シールドだったらうちにも3Dプリンターがあるので作って提供できれば」

 日頃、3Dプリンターでエアガンのパーツなどを作っているという青木さんは、公開されているフェースシールドの作り方にエアガンの加工技術を生かして独自のアレンジを加えて製作を開始した。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。