波瑠、遊川組の衣装合わせ9時間に「洗礼だと思った」(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:左から、成田凌、波瑠、岡田健史

女優の波瑠と俳優の成田凌が19日、都内で行われた映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』(3月20日全国公開)の完成披露試写会に岡田健史、小澤征悦、黒木瞳、遊川和彦監督と参加した。

 連続テレビドラマ「女王の教室」「家政婦のミタ」などで知られる名脚本家・遊川によるオリジナル作品。遊川監督の演出について聞かれた波瑠は「何でも言えるので風通しが良かった」と笑顔も「洗礼だと思ったのは、衣装合わせが9時間もあって終わらなかったこと。服を脱いでは着るというただのロボットのようになっていました」と長時間に及ぶ衣装準備を明かした。

 キャラクターの30年の月日を演じるだけに、遊川監督は「30年分ありますからね。服装から小物まで決めなければいけなかったので」と釈明。すると成田はすかさず「大変だったのは衣装合わせが終わらないこと。6時間、それを2日間」と波瑠と同じトーンで口にして笑いを取っていた。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。