自分の子供が人を殺したら?いじめ死亡事件から着想『許された子どもたち』衝撃の予告編(シネマトゥデイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:いじめで人を殺し、無罪とされた子供を描く『許された子どもたち』 – (C)2020「許された子どもたち」製作委員会

映画『ミスミソウ』『ライチ☆光クラブ』の内藤瑛亮監督が、実際に起きたいじめ事件から着想を得た映画『許された子どもたち』の予告編が公開された。いじめで同級生を殺しながらも無罪になった子供たちをめぐる、衝撃的な問いかけが収められている。

いじめで人を殺し無罪に…『許された子どもたち』予告編

 本作の舞台は、日本のとある地方都市。中学1年生で不良少年グループのリーダー市川絆星(いちかわ・きら)は、同級生の倉持樹(いつき)を、いじめの果てに殺してしまう。当初は犯行を認めたが、息子の無罪を信じる母親の説得で否認に転じた絆星は、少年審判で無罪に相当する「不処分」の決定を得る。自由となった絆星に、世間から激しいバッシングが巻き起こるなか、樹の家族は民事訴訟により、絆星ら不良少年グループの罪を問うことを決意する。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。