私、メンタル強いんで!茅森早香、前夜の箱ラスもどこ吹く風 涼しい顔で4勝目/麻雀・Mリーグ(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:茅森早香

何があっても揺れないのは、強者に必要な強さの一つ。大和証券Mリーグ2019・1月17日の第1試合で、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)が前夜の大敗をものともしない、堂々とした打ち回しを見せて快勝。今期4勝目を挙げた。

【映像】箱ラスぐらいじゃ揺るがない茅森早香の超強メンタル 涼しげに4勝目(1試合目)

 この試合の対局者は茅森、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、EX風林火山・滝沢和典(連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)の並びでスタート。前夜の第2試合に親への跳満放銃があるなど箱ラスを喫していた茅森は、この日も東1局に滝沢へ満貫を放銃してしまう。しかし次局、今度は小林から満貫をアガって原点回帰。アガれそうな手はしっかり膨らませ、そうでない場面では引き気味に構える抜群のバランス感覚で、前夜の大敗にも影響を受けていない戦いぶりを見せた。

 南1局、ようやく大きく抜け出すチャンス手が茅森に訪れた。凡庸な配牌だったが丁寧に進め、7巡目にイーシャンテンとするとドラの東をリリース。1枚切れのカン8筒でテンパイすると迷わずリーチをかけた。これがなんと一発ツモで裏ドラを乗せ、1万2000点を獲得し、トップ目に立った。

 そして南3局には果敢に仕掛けてホンイツへ。字牌シャンポン待ちをツモってホンイツ・赤の5200点のアガリ。オーラスもクイタン仕掛けをツモって、今期4勝目を獲得した。待ちが悪くても親で先制ならまっすぐリーチ。チャンス手や状況によっては打点がなくても積極的に仕掛けてアガリを掴む。前夜の負けなどどこ吹く風、まるで気にしていないようにいつものように戦い、勝利を掴み取った。

 この日の試合を解説していた村上淳(最高位戦)は、「メンタルが一番強いのは茅森だと思います。佐々木寿人(連盟)や小林剛(麻将連合)よりも強い」とその強心臓っぷりを絶賛。インタビューでは「昨日オーラスで大クラッシュしたので、トップを取りたいと思っていました」と内面では昨日の記憶があったことを打ち明け、それでも「メンタルでは(リーグでも)1番か2番ではないかと思います」と不敵な笑みを浮かべた。

 またこの日はセガサミー社内においてパブリックビューイングが開催されていたが「私、社内パブリックビューイングがあると大体トップなんですよ」と、注目されるほどに燃え、結果を出す自身の強みを口にした。最後は照れるそぶりもなく決めポーズ。この日の戦いぶりにはファンからも「メンタル強いなー」「ずっとパブリックやろうぜ」と、その強さを称えるコメントが続いていた。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。