厳冬は耐えきった!二階堂亜樹、個人4連続ラスの危機からオーラス逆転トップ/麻雀・Mリーグ(AbemaTIMES)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:二階堂亜樹

大和証券Mリーグ2019・1月17日の第2試合で、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)がトップ目から4着目までわずか1600点差にひしめく大混戦を制し、今期3勝目を獲得した。

【映像】二階堂亜樹、個人4連続ラスの大ピンチから逆転トップ!(2試合目)

 この試合の対局者はセガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟) 、二階堂、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)の並びでスタート。二階堂は東場こそ軽快にアガってリードを築くも、南1局に親の魚谷へ痛恨の満貫放銃。女流麻雀プロのさきがけとして長年活躍を続けてきた二階堂も、今期ここまでわずか2勝と苦戦続き。この失点で4着目へ転落し、暗雲が立ち込めた。

 しかしこの失点を取り戻すチャンスはすぐに訪れた。南1局1本場、二階堂は先制リーチをかけると、これに一発で飛び込んだ朝倉からリーチ・一発・平和・一盃口の8000点(+300点)のアガリを決める。

 オーラスは南3局1本場のアガリでトップ目に立った朝倉から、4着目の二階堂までわずか1600点差。誰もがアガればほぼトップ。放銃は4着転落のリスクを背負った大接戦。ここで二階堂は高目満貫の6・9筒をテンパイすると、これが白鳥から高目が出てタンヤオ・平和・赤・ドラの8000点のアガリ。4着から1着になるこのアガリは供託のリーチ棒2000点を加えて90ポイントの価値。まさに値千金のアガリで自身3勝目、チームにとって18戦ぶりのトップを引き寄せた。

 ここまで二階堂は個人としては3連続ラス。あわや4連続ラスの大ピンチだったところを、見事な逆転勝利。インタビューでは「春が来たかな!?」と笑顔を見せた。「勝てなくてもチームが暗くならないように、みんなで話し合ってやってきました」とチーム一丸で今期ここまでの苦しい展開を耐えてきたことも打ち明けた。

 「今期は内容以上に負けている」と語るように、鳳凰位経験者でもある勝又健志(連盟)を中心に、チームの戦い方には自信を持っている。目を覆いたくなる接戦、超激戦を制し二階堂は最後に「やっと春が来た、かな!?という感じですが。今後もトップを獲って、セミファイナルへ残れるように頑張ります」と一言。残り30試合、火の如く攻勢に転じるチームの予感も印象付けた勝利だった。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。