名古屋あるある満載アニメ「八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ」 “コメダ珈琲回”に視聴者共感「量を舐めていけない」(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ

“名古屋あるある”満載のアニメ「八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ」第2話で、名古屋発の喫茶店チェーン・珈琲所コメダ珈琲店にスポットライトが当たった。ボリュームたっぷりのメニューの描写などに共感した視聴者が続出した。

 同アニメは、愛知県生まれの漫画家・安藤正基氏による4コマ漫画が原作。名古屋を舞台としたローカルネタ満載のコメディで、ヒロインの八十亀最中(やとがめもなか)は、2017年に愛知県名古屋市より「観光文化交流特命大使」にも任命された。

 1月12日より順次放送中の第2話「怖くにゃあ」では、八十亀ちゃんたちがコメダ珈琲を訪れた。東京から引っ越してきた陣繁華は、看板メニュー「シロノワール」を注文したが……!? アニメ公式Twitterアカウントが「コメダ珈琲のシロノワールを注文する際はお気をつけて…!」とツイートしていたように、繁華の失敗に共感した視聴者は多かった様子だ。Twitter上では、「コメダは量を舐めていけない」「シロノワール(普通サイズ)は、二人でシェアするもの」「シロノワールはミニを頼まないと大変なことに」といった声が寄せられており、視聴者の間でコメダ談義に花が咲いている。「コメダに行きたくなるw」「シロノワール食べたくなってきたので食べに来た」という声もあり、思わず“聖地巡礼”してしまった視聴者もいるようだ。
(C) 安藤正基・一迅社/八十亀ちゃん2製作委員会

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。