ヒロインは芳根京子!野木亜紀子オリジナル脚本「コタキ兄弟と四苦八苦」(シネマトゥデイ)

出典元:芳根京子 – (C) 「コタキ兄弟と四苦八苦」製作委員会

「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などで知られる野木亜紀子がオリジナル脚本を手掛け、2020年1月10日からスタートする新ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」(テレビ東京・毎週金曜深夜0時12分~放送)のヒロイン役を芳根京子が務めることが決定した。古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務める本作で、芳根は、古滝一路(こたき・いちろう/古舘)が足繁く通う「喫茶シャバダバ」の看板娘・さっちゃんにふんする。

 本作は、元予備校の英語講師で現在は無職の一路と、一路の家に転がり込んできた二路(じろう/滝藤)の兄弟がひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるというコメディー。映画監督の山下敦弘が全話の演出を担当する。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。