「見る雀」イベントも1000人規模へ Mリーグ「プレミアムナイト」が麻雀イベント過去最大級に(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:Mリーグ「プレミアムナイト」

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」のパブリックビューイング拡大版「プレミアムナイト」(12月3日)が、約900席のチケットを完売した。これまで参加者が麻雀を打つ大会などでは、数百人規模のものもあったが、1000人近いファンを一同に集めるのは、麻雀業界としても過去最大級と言われている。特徴的なのは、麻雀を打つことがなく試合を観戦するだけの「見る雀」イベントであること。プロスポーツ観戦に一歩近づいたMリーグのパブリックビューイングに、選手たちからも驚きと期待のコメントが続いた。

【中継映像】1000人近くのファンが集まる12月3日の試合

 Mリーグのパブリックビューイングは、リーグ設立となった昨年度、100人強のスペースで開催。全日完売の人気ぶりを誇ったが、1回あたりの規模としては決して大きなものではなかった。2期目となる2019シーズンに入り、9月30日の開幕式・開幕戦で行われたパブリックビューイングでは300人以上を集客。初年度の盛り上がりを受けてか、人数は3倍になった。

 そして12月3日の拡大版・プレミアムナイト。東京・EXシアターで開催されるが、約900席は当日券を売ることなく完売した。開幕戦から3倍、昨年から比較すれば9倍にもなる。価格も税込み・8500円と決して安くはない設定で、しかも平日。リーグに参加している選手の多くは、この状況に驚くばかりだ。赤坂ドリブンズの園田賢(最高位戦)は、これまでの麻雀ファンの気持ちを代弁した。

 園田 見て楽しむ人が増えて、来てくれるのはうれしいですよね。僕はもともと麻雀なんて見るもんじゃねえ、やるもんだと思って番組とか見てこなかったんですけど、最近は見ていても楽しめるんですよね。麻雀打つと疲れるじゃないですか。でも見ている分には楽だし、お酒も飲めて、麻雀欲求が満たされるんですよ。

 昨期、100人強のパブリックビューイングでイベントMCを務めていた渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)にとっても、この数は驚きでもあり、また通過点でもあってほしいものだ。

 日向 900人はすごいですよね。でも、これを通過点にして、いきなり1万人とかは無理だと思うんですけど、3000人ぐらいだったら可能なんじゃないかなとも思っています。ゆくゆくは7000~8000人とかも目指せるといいですよね。私「アリ~ナ~!」って言ってみたいんですよ。ライブみたいに(笑)

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。